赤オクラのにんにくじょうゆ和え

赤オクラのにんにくじょうゆ和え

材料

  • 赤オクラ 1人3本ほど
  • 自家製にんにく醤油 少々
    (…皮をむいたにんにくをしょうゆに1日以上つけておいたもの)

つくりかた

  1. 赤オクラを塩で板ずりし、輪切りにする。
  2. にんにく醤油で和える。

ひとこと

もちろん普通のオクラでもかまいません。ただし生なので、新鮮なものがサクサクとして美味しいです。赤オクラ、中身は緑だったのでちょっとびっくり。

赤オクラは色がすぐ変わるそうなので、ゆでるより生がいいと聞き、作っておいたにんにく醤油であえたらお酒がすすむ前菜になりました。

 

ノンマヨネーズ・ポテサラ

ノンマヨネーズ・ポテサラ

材料

<つくりやすい量/ジップロックS 1.5 個分>

  • じゃがいも(できれば男しゃく) 2個
  • 玉ねぎ 少々
  • 粉チーズ 大さじ1
  • 塩こしょう or クレイジーソルト 少々

つくりかた

  1. 玉ねぎは、薄切りにして、水にさらしておく。
  2. じゃがいもは、皮をむき、芽がでていたら包丁の角でくりぬき、火の通りやすい大きさに切る。
  3. ひたひたの水、塩少々(分量外)とともに鍋に入れ、火にかけ、沸騰したら弱火でふたをして5分ほどゆでる。
  4. このあいだに、玉ねぎをざるにあげ、塩少々(分量外)をふってもみ込みしばらく置いてペーパーで水気をとっておく。
  5. 竹串をさして、やわらかくなっていたら、ふたを少しずらして水だけを捨て、ふたたび中火にかける。鍋肌に白い粉がふいてきたら、火をとめる。(焦げないように気をつけて・・・!)
  6. 熱いうちにフォークなどでお好みの荒さにつぶし、粉チーズ、塩胡椒またはクレイジーソルトを振り入れ、まぜる。
  7. 触ってぬるいくらいまで粗熱がとれたら、玉ねぎを加えてまぜる。

ひとこと

普通のポテサラですが、マヨネーズでなく粉チーズにすると、濃厚なおとなの味になります。ワインなんかにも合います。物足りなければマヨネーズと半々でもよろしいかと思います。

個人的にはポテサラの具は、ちゃんとそれぞれ塩で下味をつけておくと、全体の味がなじんで美味しい気がするので、時間があるときはひとつひとつ丁寧に下ごしらえしてみると、ポテサラだけですてきな気分になれるような、そんなポテサラができると信じております。

りんごとマンゴーのジャム

りんごとマンゴーのジャム

材料

<大きめの瓶 1瓶あたり>

  • りんご 1/2個(大)
  • 砂糖 25g(甘さひかえめ)
  • ドライマンゴー 1切れ(お好みの量で)
  • レモン汁 少々

つくりかた

  1. りんごは皮をむき、1/8個程度のくし形に切る。
  2. ひたひたの水と砂糖とともに鍋に入れ、火にかける。
  3. 20分ほど、りんごが透き通ってくるまで煮込む。
  4. 透き通ってきたら、フォークでつぶし、ジャム状にする。
    ここで、水分が少しのこったくらいがパンに塗りやすいベストな状態。
  5. ドライマンゴーをちぎりながら入れ、レモン汁を少々加えたら、火をとめる。

ひとこと

今回は、大量につくったコンポートの余りを再生させてジャムにしました。
旬のりんごが出回るこれからの季節、少しの元手でたくさんできる「りんごジャム」はとってもお得感あり★そして美味しい!
ドライマンゴーが余っていたので出会わせてみたら、いい感じになじんでくれました。

ジャムは硬さの見極めが大事。少しどろどろかな?というところで火をとめると、さめているうちにとろみがついてきます。使う素材にもよるので、いいタイミングを見つけてジャムマスターに!

りんごジャムとパン